スバル「LEVORG(レヴォーグ)」先行受注へ! ヒット確実!?のスポーツ・ツアラー

コラム Clicccar

東京モーターショー2013にその姿を現したスバル「LEVORG(レヴォーグ)」。

「レガシィ ツーリングワゴン」が米国市場に迎合したモデルとなり、日本では少々車体が大きくなり過ぎたことから、インプレッサ以上、レガシィ未満サイズの日本専用モデルとして新たに開発されたAWDのスポーツ・ツアラー。

取り回し性を考慮してスリーサイズが全長4690mm(-100)×全幅1780mm(±0)×全高1490mm(-45)と、全長/ホイールベース共に100mm短縮されています。 ※( )内数値は現行レガシィとの寸法差     

エクステリアでは複数のキャラクターラインを絶妙に組み合せた流麗なサイドビューやヘッドランプに組み込まれた「コの字」型に発光するLED式ポジションランプが目を引きます。

バックドアガラスの傾斜が現行レガシィよりも強められており、スポーツ・ツアラーとしてのフォルムを強調。テールランプにも「コの字」型発光のLEDを採用しており、マフラーは全グレード共に左右2本出し仕様。

動画を見るにはこちら

ラインナップは1.6Lモデルが「1.6GT EyeSight」と「1.6GT-S EyeSight」、2.0Lモデルが「2.0GT EyeSight」と「2.0GT-S EyeSight」の4グレードとなっており、必要十分な装備の標準グレードと充実装備のSグレードを設定。

 (出展 スバル)

2種類のエンジンは共に直噴ターボ仕様で、「LEVORG」の為に新たに開発された1.6Lエンジン搭載モデルは小排気量+直噴ターボの組み合わせにより、レギュラーガソリンで17.4km/Lという低燃費を達成しつつ最高出力170ps/4800-5600rpm、最大トルク25.5kgm/1800-4800rpmを発生。

スポーツ・ツアラーとしての十分な動力性能と、1回の給油で1,000Km走行(100km/h巡航時)出来る低燃費を両立していると言います。

一方の2.0Lエンジンは現行レガシィに搭載されているもので、最高出力300ps/5600rpm、最大トルク40.8kgm/2000-4800rpmを発生。燃費は13..2km/L。こちらはハイオク仕様となります。

1.6GTにはスバルの直噴ターボとして初めてアイドリングストップ機構を搭載。

プリクラッシュブレーキに加えて車線逸脱防止機能(操舵支援)の追加で自動運転に一歩近付いた「EyeSight Ver.3」を全車に初搭載。小型化&カラー化されたステレオカメラでクルマだけで無く人、自転車、バイクを複数同時に認識。

インテリアは従来よりもワンランク質感が高められ、スポーツグレードのダッシュボードにシルバーカーボン調の樹脂モールを設定、シフト廻り、センターコンソール、シートにはアクセントとしてステッチがあしらわれています。

お洒落なアルカンターラシート、奥行きの有るラッゲージルーム等、実用性も十分。

「LEVORG」は来春発売に向け、1月4日より先行受注を開始予定。1.6Lモデルが260万円前後、2.0モデルが320万円前後の予想。

スタイリングの良さや燃費の良さ、手頃な価格など、売れる要素満載の「LEVORG」の発売が待たれます。

■SUBARU LEVORG
  http://www.subaru.jp/levorg/sp/ 

〔関連記事〕
・スバル レヴォーグ徹底チェック! エクステリア・パワーユニット編
 http://clicccar.com/2013/11/23/237663/

・スバル レヴォーグ徹底チェック! インテリア編
 http://clicccar.com/2013/11/28/238553/

・話題の「スバル レヴォーグ」 気になる価格は
 http://clicccar.com/2013/11/28/238697/

・スバル「レヴォーグ」国内向けのレガシィ後継モデルついに登場
 http://clicccar.com/2013/11/20/237212/

・「ぶつからないクルマ」スバルのアイサイトが大幅進化する!
 http://clicccar.com/2013/10/07/232253/

Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】http://clicccar.com/p=239175

ランキング
中古自動車中古バイク
カーライフ注目情報
自動車&バイクについて
gooサービス
goo 自動車&バイク:
自動車&バイクトップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ