車を手放す方法は「買取り」と「下取り」がある

現在の愛車を手放す際にはどんな方法があるのだろうか? まず最初に、車を乗り換える際と、単に車を手放す際の流れを確認。次に愛車を手放す方法である「買取り」と「下取り」の違いについて見てみよう。

車を手放すまでの流れ

まずはスムーズに車を売却するための一連の流れを確認してみよう。ここでは、一番ムダのない理想的な流れを説明しておく。

新しい車に乗り替える場合
(買取りと下取りを検討する場合)
単に車を手放す場合(買取りの場合)
1 購入したい車を探すと共に、カーセンサーnetなどで複数の買取店にメールで査定してもらう カーセンサーnetなどで複数の買取店にメールで査定してもらう
2 購入する車を見つけた販売店に、現在の愛車を見積りしてもらう  
3 メールで問い合わせた買取店の中から、条件の良さそうなお店(なるべく複数店)で査定してもらう 条件の良さそうなお店(なるべく複数店)で査定してもらう
4 購入に必要な書類と共に、売却に必要な書類も合わせて用意する 売却に必要な書類を用意する
5 上記2、3の査定額の中から、最も条件の良いお店で売却する 最も条件の良いお店で売却する
6 購入する車の販売店と新しい車の契約をする  

車を手放す方法は大きく分けて2つある

愛車を手放す方法は2つある。一つは、車を買取専門店などで買取ってもらう方法(買取り)、もう一つは、新しい車を購入するタイミングで、その購入先の販売店に車を引き取ってもらう方法(下取り)だ。それぞれ下記のような特徴がある。これらのメリット・デメリットを理解しておこう。

買取り

車を買取専門店や、他の販売店に買取ってもらう方法。買取額(愛車の査定額)はお店ごとに異なり、その中から一番高い査定額をつけてくれたところで手放すことができる。その分、複数の買取専門店等で査定を受ける必要があり、手間がかかる。
以前は、大手チェーン店などに代表される買取専門店が買取りのほとんどを手がけていたが、最近では中古車販売店でも力を入れている。またトヨタや日産など自動車メーカーも買取専門店を展開している。

下取り

新しい車を購入した販売店で、それまで乗っていた愛車を引き取ってもらう方法。車を購入する手続きと、手放す手続きを同じ販売店で行うため、手間が省ける。
ただし、本当は愛車をもっと高く買取ってくれる買取専門店があったとしても、そこで手放すことはできない。

買取り・下取り、どちらにもメリット・デメリットがあるが、愛車を高く買取ってもらいたいなら、やはり面倒でも複数店で査定を受けることが大切だ。

あなたの愛車はいくら?今すぐ無料一括査定依頼!

お住まいの郵便番号を入力してください。郵便番号を調べる

〒  - 

(半角数字)

査定額アップの秘訣も!車買取完全ガイド

ページトップへ