IHI、ターボチャージャの累計生産が5000万台に…2020年に年間1000万台に目指す

業界 レスポンス

IHIは、グループグローバル拠点でのターボチャージャの累計生産台数が5000万台を達成したと発表した。

同社では、1959年に旧石川島芝浦タービン木曽工場(現・IHIターボ木曽工場)で製造したターボチャージャ「R形」が、日野自動車の大型トラックと大型バス用ディーゼルエンジンに採用されたのを機に、自動車用ターボチャージャの量産を開始した。

R形は、舶用に開発されたターボチャージャを、気動車や建設機械など産業用エンジンに転用し、さらに車両用として採用されたもの。量産開始してから約20年間、産業用、トラック向けに納入し、1976年に生産累計台数が10万台に到達した。

1980年には、米国に合弁会社を設立し、海外生産を開始したほか、1981年には自動車専用ターボチャージャを開発して乗用車や二輪車への供給も開始、1986年にグローバルで生産累計台数100万台を達成した。

1994年には欧州に合弁会社を設立したのに続いてタイ、中国にも生産拠点を設立。世界規模で事業展開を図り、2001年に生産累計台数はグローバル1000万台を達成した。

現在、IHIグループでは世界6極で、軽自動車向けの小型からバス・トラック向けの大型まで、幅広いニーズに対応するターボチャージャを生産・販売している。

排ガスのクリーン化、低燃費、走行性の向上に加え、ガソリンエンジンのダウンサイジングを目的としたターボチャージャの搭載などにより生産台数は大幅に増加し、2014年末に生産累計台数5000万台を達成した。

世界各国の環境規制強化を受け、ターボチャージャはエコデバイスとして注目度が高まっている。IHIグループでは需要拡大に対応して生産・販売体制を強化しており、生産規模を現在の年産700万台から2020年には1000万台にまで増やす計画。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ