東日本大震災関連倒産は15件、33か月連続マイナス…1月 東京商工リサーチ

業界 レスポンス

東京商工リサーチは1月30日、東日本大震災関連倒産の1月の調査結果(速報値)を発表した。

それによると1月の「東日本大震災」関連倒産は15件で、33か月連続で前年同月を下回った。地区別では、関東9件、東北3件、九州2件、中部が1件だった。震災から4年を目前にして震災関連倒産は収束傾向をたどっている。

一方、累計は1556件に達した。産業別では、サービス業他が404件(構成比25.9%)で最多。次いで製造業が363件(同23.3%)、卸売業が284件(同18.2%)、建設業が195件(同12.5%)、小売業が144件(同9.2%)と続く。都道府県別では、最多は東京の470件(1月7件)。次いで、宮城117件、北海道81件、神奈川67件と続く。

震災関連倒産は発生ペースの鈍化が目立つが、震災の影響をまだ払拭できない企業も多く、その中には業歴の長い老舗企業も含まれている。

  • 成瀬雄太@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ