三菱 田畑常務「北米向けCセグセダンは必要」…ルノーとの提携見送り

業界 レスポンス

三菱自動車工業の田畑豊常務取締役は2月3日の決算発表の席上、ルノー・日産グループとの提携で検討していたルノー製セダンの調達を見送ったと、明らかにした。

この案件は、三菱が北米向けにDおよびCセグメントのセダンを韓国のルノー・サムスンの工場などからOEM調達する計画で交渉していたもの。両者は13年11月にグローバルな商品や技術の提携合意を発表していた。

田畑常務によると「先ずDセグメントの検討を行ったが、なかなかウィン・ウィンの関係が築けなく、Cセグメントの交渉にも行けなかった」という。セダンをめぐるルノーとの提携交渉は打ち止めとなったものの、田畑常務は「私どもに北米向けCセグメントセダンは必要であり、色々な検討を進めていく」と述べ、新たな調達先を模索する方針を示した。

  • 池原照雄
  • 三菱自動車本社(参考画像)《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ