東芝、損保ジャパン日本興亜の安全運転支援サービス向けにドラレコを供給

業界 レスポンス

東芝は、損害保険ジャパン日本興亜が3月から開始する企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」向けに、ドライブレコーダーを供給すると発表した。

スマイリングロードは、ビッグデータ解析やテレマティクス技術などを活用した新しいサービス。ドライブレコーダーによって車両の走行データを収集し、通信回線を経由してデータセンターに蓄積する。

収集したデータを損保ジャパン日本興亜の独自のアルゴリズムで分析し、企業の管理者のパソコンやドライバーのスマートフォンなどに安全運転診断結果や危険な運転操作などの情報をフィードバックする。

東芝は、このサービスでドライブレコーダーの供給・保守・メンテナンスを担当する。ドライブレコーダーは、GPS、加速度センサー、カメラ、3G通信機能を備えており、車両の走行データを取得・保存・送信する機能を備える。

東芝は今後、生体センシングや画像認識技術を活用した安全な運行管理を実現する技術と、データ解析によるサービスを創出し、新たなビジネスを展開していく方針。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ