ジープ チェロキー 新型、全世界で23万台をリコール…エアバッグが誤作動の可能性

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA US(旧クライスラーグループ)は2月2日、全世界でおよそ23万台のジープ車を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、エアバッグの不具合が原因。FCA USによると、エアバッグのソフトウェアに不具合があり、センサーが、車両が横転状態にあると誤って検知。サイドエアバッグが、誤動作で展開する可能性があるという。

リコールの対象車種は、2014-2015年モデルのジープ『チェロキー』の一部。全世界で22万8181台が対象になる。

22万8181台の内訳は、米国が16万8092台と最多。カナダは1万9557台、メキシコは4133台、NAFTA地域以外が3万6399台となる。

なお、FCA USでは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、ソフトウェアを改修するリコール作業を行うとしている。

  • 森脇稔
  • ジープ 新型チェロキー
  • 新型ジープ チェロキー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ