ヒュンダイ の欧州Cセグコンパクト、 i30 改良新型…チェコで生産開始

業界 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は1月28日、改良新型『i30』の生産をチェコ工場で開始した。

i30は、ヒュンダイの欧州主力コンパクトカー。初代i30は、2007年に欧州市場へ投入。欧州新車市場で最も激戦区とされ、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やルノー『メガーヌ』などの競合車がひしめくCセグメントにおいて、優れた販売結果を残した。

2011年秋、フランクフルトモーターショー11では、2代目を初公開。そして2014年12月、2代目のデビューから3年を経て、初の大幅改良モデルを発表した。フロントマスクは新デザインのヘキサゴングリルを採用し、表情を一新。最新のヒュンダイフェイスに進化している。

欧州仕様のエンジンは、ガソリン、ディーゼルの複数ユニット。中でも、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼルは、最大出力110ps、最大トルク28.5kgmを発生。欧州複合モード燃費27.7km/リットル、CO2排出量94g/kmの優れた環境性能を実現した。

1月28日、ヒュンダイのチェコ工場において、改良新型i30の生産を開始。欧州向けは全て、チェコ工場で組み立てられ、欧州Cセグメントで、再び存在感をアピールしていく。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイ i30 改良新型
  • ヒュンダイ i30 改良新型
  • ヒュンダイ i30 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ