ケンウッド、彩速ナビ連携型のドライブレコーダーを発売

テクノロジー レスポンス

ケンウッドは、高画質なフルHD映像が記録できる、彩速ナビ「タイプZ/X」シリーズ専用のナビ連携型ドライブレコーダー「KNA-DR500」を3月上旬より発売する。

新製品は、彩速ナビと連携することにより、ナビ本体の持つ正確な自車位置情報をドライブレコーダーへ反映。また、ナビ本体の7型ワイドモニターによるタッチ操作・表示や、記録映像再生時に自車の向きや走行位置をナビのマップ上に表示する地点連動表示機能にも対応している。

1/5.8型裏面照射CMOSセンサーとF2.0レンズの搭載により、高精細で鮮明なフルHD映像が撮影可能。また、水平角約135度/垂直約77度の広角レンズが広い視野の撮影を実現する。

さらに日陰や逆光への対応力をさらに強化した新開発のHDR機能を搭載。トンネルの出入り口や立体駐車場などの明暗差が大きなシーンの撮影でも、白とびや黒つぶれを抑え、被写体をきれいに記録できる。

撮影モードは、アクセサリー電源オンで録画を開始する「常時録画」、内蔵Gセンサーによる「衝撃録画」、駐車中の衝撃を感知し記録できる「駐車録画」、録画ボタンを押してお好みのタイミングで録画できる「手動録画」の4モードを用意。ジャイロセンサーの搭載により、車の振動によるブレを補正。安定して見やすい映像が記録できる。

価格はオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ