日本精機の第3四半期決算…四輪用メーター好調も、コスト増で増収減益

業界 レスポンス

日本精機は2月4日、2014年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1659億2200万円(前年同期比+4.7%)、営業利益は122億1900万円(−7.5%)、経常利益は194億1900万円(+6.5%)、四半期純利益は118億2400万(+5.3%)だった。

主力の四輪車用メーターや、民生機器事業のOA・情報機器操作パネルなどが好調で売上は増加。しかし、製造コストや人件費の増加が収益を圧迫した。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

  • 成瀬雄太@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ