スズキ、2014年度軽販売計画を65万台に上方修正…ダイハツの66万台に迫る

業界 レスポンス

スズキは2月5日、2014年度の軽自動車販売計画を従来の60万台から65万台に上方修正したことを明らかにした。従来計画では前年度に対して7.3%の減少を見込んでいたが、修正後は同0.5%増とわずかではあるが前年超えを目指す格好だ。

スズキの長尾正彦常務役員は同日都内で開いた決算会見で「『ハスラー』が非常に好調なことに加えて、『ワゴンR』にS-エネチャージの搭載や、『ワゴンR スティングレー』などに特別仕様車を設定するなど商品力強化、拡販に努めた結果、第3四半期までの実績を踏まえて、今回5万台を加えて65万台に変えた」と述べた。

今回の修正によりダイハツ工業が掲げる14年度の軽販売計画66万台に大きく近づくことになる。軽の販売を巡っては14年の暦年ベースでスズキが8年ぶりに軽首位の座を奪還しており、年度ベースでも激しい首位争いが繰り広げられそうだ。

ただ「国内の厳しい競争を反映して売上単価下がっている」と長尾常務が指摘するように、競争そのものは消耗戦の様相を呈しているとみられる。

  • 小松哲也
  • スズキ 長尾正彦 常務役員《撮影 小松哲也》
  • スズキ・ワゴンRスティングレー Jスタイル《提供 スズキ》
  • スズキ 決算会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ