ダイムラー通期決算、税・利払い前利益は26%増…2014年

業界 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは2月5日、2014年通期(1-12月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の売上高は、1298億7200万ユーロ(約17兆2975億円)。前年の1179億8200万ユーロに対して、10%の伸びを示した。一方、純利益は、72億9000万ユーロ(約9710億円)にとどまった。前年実績の87億2000万ユーロに対して、16%の減益となっている。

増収でありながら、減益となったのは、ダイムラーによると、2013年の通期決算には、EADSの株式売却による利益が、計上されていたという特殊要因が大きいという。この特殊要因を除いた税・利払い前利益は、101億ユーロ(約1兆3560億円)と、前年に対して26%も増えた。

2014年の世界新車販売台数(メルセデスベンツやスマート、商用車を含む)は、前年比8%増のおよそ250万台。このうち、メルセデスベンツ乗用車(スマートを含む)は、年間販売の新記録となる172万2600台。前年比は10%増だった。

ダイムラー取締役会のディーター・ツェッチェ会長は、「2014年も再び、新車販売や売上高、収益で、新記録を打ち立てた。これは、全従業員の勤勉な仕事ぶりの結果」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • スマートフォーツー 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ