1月の円安関連倒産、負債総額は過去最大の818億円…帝国データバンク調べ

業界 レスポンス

帝国データバンクは、4回目となる「円安関連倒産」に関する調査を実施。その結果を発表した。

調査は、2013年1月から2015年1月までの倒産企業(負債1000万円以上、法的整理のみ)の中から、円安の影響を受けて倒産した企業を抽出し、件数・負債推移、地域別、業種別、負債規模別に集計・分析した。

調査結果によると、1月の円安関連倒産は34件判明し、集計開始の2013年1月以降13か月連続で前年同月より増加。負債総額は818億5200万円で、過去最大の負債額となった。

地域別に見ると、1月は「近畿」が繊維・アパレル関連の製造業者を中心に10件を数え、前月比150.0%、前年同月比も233.3%の大幅増加となった。

業種別に見ると、1月は「製造業」が13件(構成比38.2%)で最も多く、食料品・飼料・飲料、パルプ・紙・紙加工品、出版・印刷関連などで発生が目立った。

負債規模別では、「100億円以上」が集計開始後初の発生。このほか、全体では負債5億円未満の中小企業が全体の約8割を占める結果となった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ