いすゞ第3四半期決算…タイ市場の停滞が影響し営業益7.5%減

業界 レスポンス

いすゞ自動車は2月5日、2014年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1兆3491億円(前年同期比+4.4%)、営業利益1229億円(−7.5%)、経常利益は1359億円(−4.7%)、純利益は824億円(−7.9%)だった。

第3四半期連結累計期間の総販売台数は、37万0624台(+0.5%)。国内は、底堅い需要に支えられ、5万2167台(+8.5%)と好調だった。海外は中近東・アフリカ地域でトラック販売が堅調に推移したが、タイでは市場の停滞によりトラックおよびピックアップトラックの販売が低迷。31万8457台(−0.7%)と減少した。

損益については、主にタイでの減収や、今後の事業拡大に向けた成長戦略費用の増加などが影響し、減益となった。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ