いすゞ第3四半期決算、川原常務「意志のある増収減益と考えている」

業界 レスポンス

いすゞ自動車が2月6日に発表した2015年3月期第3四半期(4-12月期)連結決算は、タイ以外での販売が好調に推移して売上高が過去最高を更新する一方で、営業利益は将来の成長に向けた費用が先行したことなどにより前年同期に比べ7.5%の減益となった。

いすゞの川原誠取締役常務執行役員は同日都内で開いた決算説明会で「国内販売が増加したことに加えて、商業車の日本からの輸出、ピックアップトラックを代表とするLCVのタイからの輸出が大幅に拡大した結果、第3四半期の3か月および第3四半期累計9か月ともに過去最高の売上高を更新することができた」と分析。

その上で「我々は今期、将来に向けた成長戦略費用をかけていくと期初からいってきたが、結果として9か月累計では増収減益になっているが、これは意志のある増収減益であると考えている」と強調した。

一方、通期見通しに関しては「市場環境は我々の重要な市場であるタイにおいて予想以上に市況の回復が遅れており、現在のところ回復の兆しがみえていないということで今期のタイの販売は計画に対しては下振れる」としながらも、「日本からの商用車の輸出、それからタイからのLCVの輸出ともに順調に推移している」として従来予想を据え置いた。

  • 小松哲也
  • いすゞ自動車 決算会見《撮影 小松哲也》
  • いすゞ自動車 決算会見《撮影 小松哲也》
  • いすゞ D-MAX(参考画像)《撮影 太宰吉崇》
  • いすゞ自動車 プレスカンファレンス(東京モーターショー13)《撮影 嶽宮三郎》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ