【ジュネーブモーターショー15】ケーニグセグのスーパーカー、アゲーラ …「RS」を予告

新車 レスポンス

スウェーデンのスーパーカーメーカー、ケーニグセグ(Koenigsegg)社。同社が3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー15において、初公開車を用意することが分かった。

これは2月5日、ケーニグセグが公式Facebookページで明らかにしたもの。同社は、「ジュネーブモーターショー15で、『アゲーラRS』を初公開する」と発表している。

現時点では、アゲーラRSの詳細は公表されていない。ただし、「RS」の名前を冠するからには、アゲーラシリーズの高性能バージョンである可能性が高い。

現在、ケーニグセグの頂点に立つのが、前回のジュネーブモーターショー14で初公開された『アゲーラOne:1』。アゲーラOne:1は、ケーニグセグ社の創業20周年を記念し、アゲーラをベースに究極のパフォーマンスを追求して誕生した1台。

車名のOne:1は、量産車としては世界で初めて、最大出力が1メガワット(1000kW=1360ps)に達したことを意味。また、カーボンファイバーなどの軽量素材を駆使し、車両重量は1360kg。パワーと車両重量が1対1のイコールの関係(パワーウェイトレシオが1kg/ps)になった、世界で初めての量産車という意味も込められた。シミュレーション上の最高速は、世界トップレベルの440km/h以上と公表されている。

  • 森脇稔
  • ケーニグセグ・アゲーラ One:1(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》
  • ケーニグセグ アゲーラ《写真 ケーニグセグ》
  • ケーニグセグ・アゲーラ One:1(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》
  • ケーニグセグ・アゲーラ One:1(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ