【ギフトショー15】米国生まれの電動一輪車が日本上陸、約15km/hで走行可能

新車 レスポンス

新たな掃除ロボットが登場か。そんな思いを抱かせるのがオオトモ(本社・大阪市住之江区)が販売する「ナインボット・ワン」だ。実はこれ、掃除ロボットではなく、何と電動一輪車。

「米国のシリコンバレーで開発されもので、昨年12月の販売開始以来、世界30か国で6000台売れています。今、話題沸騰の商品と言っていいでしょう。このギフトショーでも3日間で10台売れました」と同社関係者は話す。

直径は約50cmで、材質はマグネシウム合金とアルミニウム合金でできており、間に26インチタイヤが入っている。重量は12.8kg。2時間の充電で約10km走ることができ、最高時速は約15kmだ。

しかし、乗りこなすのは相当難しいらしく、長い時間練習をする必要があるとのこと。「今回の展示会でも多くの人に試乗してもらいましたが、すぐに乗れた人は4人だけだった」そうで、余程バランス感覚に優れていないと、すぐには乗れないようだ。

でも、心配は無用だ。補助輪がついていて、それを使えば、なんとか乗りこなすことができるという。そのうえ、スマートフォンと専用アプリを使って連動できるので、さまざまな楽しみ方ができる。文字通り、これまでになかった新しい乗り物といっていいだろう。

「とりあえず年間1000台を目標にして販売していきたい」と同社関係者。価格は9万9800円だ。公道で乗ることはできないが、イベントなどで人気を呼びそうな商品であることは間違いない。

  • 山田清志
  • オオトモが販売する電動一輪車「ナインボット・ワン」《撮影 山田清志》
  • オオトモが販売する電動一輪車「ナインボット・ワン」《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ