アルプス電気、米国クォルトレ製ジャイロセンサを販売…センサ事業を強化

業界 レスポンス

アルプス電気は、ジャイロセンサの共同開発を進める米国のクォルトレと、販売契約を締結したと発表した。アルプス電気はジャイロセンサを販売してセンサ事業を強化する。

アルプス電気とクォルトレは、2008年からジャイロセンサをはじめとした各種慣性センサを共同開発。2013年と2014年には、アルプス電気がそれぞれ300万USドル、400万USドルの戦略投資を実施し、クォルトレはジャイロセンサの開発を加速してきた。

今回、アルプス電気とクォルトレとの間で販売契約「CSA(コマーシャル・セールス・アグリーメント)契約」を締結。両社それぞれの顧客に対して、自社ブランドでセンサの販売が可能となり、2015年中の量産開始に向けた拡販活動を推進する。

クォルトレのジャイロセンサは、BAWという弾性波を利用したMEMSセンサ技術を用い、数MHzという高周波によって外来ノイズへの耐性に優れた高い衝撃特性や低消費電流、コスト競争力を持つ。クォルトレは、センサ素子やIC設計を担当し、アルプス電気ではパッケージングと性能試験を担当する。

製品の主な用途としては、耐衝撃性への要望が特に強い車載や産業機器市場で、自律航法ユニットやロボットの姿勢制御、建機のコントロールユニットなどを想定している。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ