日産田川常務、15年の中国販売は「130万台以上狙う」

業界 レスポンス

日産自動車の田川丈二常務執行役員は2月9日の決算発表の席上、2015年の中国の新車販売計画について「130万台(前年比6%増)もしくはそれ以上を狙っていきたい」と表明した。

日産は日本メーカーでは中国販売で首位を維持しているものの、14年の実積は約122万台(前年比0.5%増)と低迷した。田川常務は昨年の状況について「商用車の需要が厳しかったほか、当社は乗用車の新モデルがなかった」と分析。これに対して今年は日産ブランドで3車種の新型車を投入するなど、攻めの構えに転じるという。

インフィニティブランドでも昨年の現地生産着手に続き、今年も現地化を推進する計画。田川常務は「当社にとって中国市場が重要との位置付けは一切変わらない。台数、収益とも引き上げていきたい」と、強調した。

  • 池原照雄
  • ヴェヌーシア e30
  • 日産 ジュークニスモ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ