2014年の倒産企業の平均寿命は23.5年、4年ぶりに短縮…東京商工リサーチ

業界 レスポンス

東京商工リサーチは、2014年「倒産企業の平均寿命」調査を実施。平均寿命は前年より0.1年短縮して23.5年となり、4年ぶりに平均寿命が短くなった。

調査は、同社が集計した2014年の企業倒産、9731件(負債1000万円以上)のうち、詳細な創業年月が判明しない個人企業を除く、8642件を対象に分析した。

調査結果によると、2014年に倒産した業歴30年以上の老舗企業は2647件で、前年より404件減少した。倒産件数に占める割合は30.6%と、前年より1.0ポイント低下し、4年ぶりに構成比が前年を下回った。一方、業歴10年未満は2062件で、構成比は23.8%と3年ぶりに上昇した。

都道府県別の老舗企業の倒産構成比トップは、徳島県の50.0%。前年から19.7ポイント上昇し、初めてトップとなった。以下、新潟県(構成比48.8%)、山梨県(同48.0%)、長崎県(同47.6%)、長野県(同47.3%)と続く。

構成比50%以上は徳島県のみ(前年4県)、同40%以上は18県(同12県)だった。地区別では、四国(同44.3%)が前年より5.4ポイント上昇し、2012年以来、2年ぶりにトップとなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 業歴別 企業倒産件数構成比推移《出典 東京商工リサーチ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ