ボルグワーナー、VW にエンジン部品供給…メキシコ生産車に

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは1月28日、フォルクスワーゲンのメキシコ生産車に、エンジン部品を供給すると発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

ボルグワーナーがフォルクスワーゲンに供給するのは、メキシコで現地生産されるフォルクスワーゲンの2.0および1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンの部品。このエンジンは、『ジェッタ』や『ザ・ビートル』などに搭載される。

フォルクスワーゲン車に採用されるボルグワーナーのエンジン部品が、イグニッションコイル。ボルグワーナーによると、エンジン性能を高め、燃費や排出ガス性能を引き上げる効果があるという。

ボルグワーナー・エミッションズシステムズのブラッドリー・エリクソン社長は、「フォルクスワーゲンの最新ガソリンエンジンに、先進のイグニッションシステムを供給できることは喜ばしい限り」と述べている。

  • 森脇稔
  • VWザ・ビートルを生産するメキシコ・プエブラ工場(参考画像)
  • メキシコで生産されるVW ゴルフ(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ