【マツダ ロードスターTHANKS DAY 2】低くて短いオーバーハング…LEDとつり目のワケにファン「なるほど」

新車 レスポンス

2月11日にマツダR&Dセンター横浜で行なわれた「THANKS DAY in JAPAN 2nd」では、同社チーフデザイナー中山雅氏と語り合い、その複雑な曲面のつながりを確認するファンの姿が見られた。「実際にクルマに触れて、写真とはまた違う魅力が伝わってきた」という声もあった。

新型『ロードスター』(ND)のデザインについて、同社デザイン本部 中山雅氏はバスタブで浮く人間の絵を見せながらファンにこう語りかけた。

「人がバスタブに入っている状態から、その前後にタイヤがあるというイメージ。このクルマは、足の先からフロントタイヤまでの距離と、腰からリアタイヤまでの距離が同じ。そこに、人間の頭を守るためにキャビンを設ける。これが基本だ。『NDはロングノーズになったの?』と訊かれる方もいるが、そうではなく、こうした必然からデザインが始まった」(中山氏)

ヘッドランプにLEDを採用したのも、「世界で最も、低くて短いオーバーハングをつくるため」という。「前後の奥行きがほとんどなく、ヘッドランプのスペースが小さくなったため、豆球よりも小さいLEDが選ばれた」(中山氏)とも話していた。

また「なぜ“つり目”になったの?」というファンの問いに中山氏は「それは結果的につり目になっただけ。クルマの四隅を斜めにカットし、フロントタイヤに迫るほどのラインでランプを置くことで結果的につり目に見えるようになった」と話していた。

フリートークの時間では、中山氏をはじめとする開発陣とファンたちが、冗談を織り交ぜながら語り合う姿も見られた。

  • 大野雅人
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ファンに向けてロードスターのデザインについて語るデザイン本部・中山雅氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ファンに向けてロードスターのデザインについて語るデザイン本部・中山雅氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ファンに向けてロードスターのデザインについて語るデザイン本部・中山雅氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ファンに向けてロードスターのデザインについて語るデザイン本部・中山雅氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ファンに向けてロードスターのデザインについて語るデザイン本部・中山雅氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 左からマツダ商品本部・山本修弘氏、デザイン本部・中山雅氏、商品企画部・中村幸雄氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ファンとエンジンまわりについて語り合うマツダ商品企画部・中村幸雄氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダR&Dセンターで実施された新型ロードスター「THANKS DAY in JAPAN 2nd」(2月11日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《画像提供 マツダ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ