【ホンダ ジェイド 発表】先代 オデッセイ と ストリーム 統合した新ミニバン

新車 レスポンス

ホンダは2月12日、新型乗用車『ジェイド』を13日に発売すると発表した。『ヴェゼル』などに採用している1.5リットルエンジンとモーター内蔵の7速DCT変速機を組み合わせたハイブリッド専用車で、価格(税込)が272万円と292万円の2グレードを設定している。

自動ブレーキなどの安全システムである「ホンダセンシング」を上級グレードに標準装備しており、『オデッセイ』に次いでの搭載となった。外観とドライビングポジションはワゴンタイプだが、居住性などユーティリティは低全高型のミニバン並みを確保している。車体は3ナンバーサイズとしたものの、全高は1530mm、全幅は1775mmと立体駐車場にも入庫できる寸法だ。

開発責任者である本田技術研究所の印南泰孝主任研究員は「開発の初期段階で先代および先々代オデッセイとストリームを統合していくことになった」と明かす。低全高タイプミニバンだった両モデルは1990年代末から00年代半ばまでヒットした実績があり、現在も約85万台の保有があるという。

印南氏によると、現状ではこのジャンルは「右肩下がり」と低調になっていることもあり、「セダンでもミニバンでもない“新しい乗用車”の創造にチャレンジした」という。車体のパッケージングについては「居住性と使い勝手を両立させる丁度いいサイズにできた。ドライビングポジションもセダンから乗り換えても違和感がない」と評価している。

  • 池原照雄
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ『ジェイド』と本田技術研究所の印南泰孝主任研究員《撮影 池原照雄》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • 本田技術研究所・印南泰孝主任研究員《撮影 池原照雄》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ