ホンダ峯川専務、国内販売は「もう一度軌道に乗せていく」

業界 レスポンス

ホンダの峯川尚専務執行役員は2月12日に都内で開いた『ジェイド』の発表会見で、2015年の国内販売について「これからも新モデルがあるので、もう一度軌道に乗せていきたい」と、表明した。

同社は、リコールの影響などで14年度国内販売計画の下方修正を重ねてきたが、ジェイドなどの新モデル投入を機に、巻き返しを図る構え。峯川専務は「私どもの初売りでは、お客様が戻っている」と手応えを示し、「(リコールの影響を受けた)『フィット』や『ヴェゼル』の販売にも、もう一度しっかり取り組んでいきたい」と、述べた。

峯川専務は15年の国内市場について、昨年の556万台(前年比4%増)には及ばないものの、「520万台から530万台くらいのところ」を想定していると、明らかにした。自社の販売計画は未定だが「数字はともかく、軌道に乗せていきたい」と、重ねて反転攻勢への思いを強調した。

  • 池原照雄
  • ホンダ 新型ジェイドの発表会見に出席した、峯川尚専務執行役員《撮影 池原照雄》
  • ホンダ ジェイド《撮影 阿部哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ