【ホンダ ジェイド 発表】乗車定員6名「2列目をゆったり座ってもらう」

新車 レスポンス

ホンダが2月13日に発売する乗用ミニバンタイプの新型ハイブリッド『ジェイド』の2列目シートは、「Vスライドキャプテンシート」と名付けた斜め後方に大きくスライドする機構を備えている。このため3列シートながら乗車定員は6名となっている。

開発責任者を務める本田技術研究所の印南泰孝主任研究員は「2列目をゆったり座ってもらおう、パーソナル感をもって座って頂こうという考え方でキャプテンシートにした」と語る。

というのも「『オデッセイ』、『ストリーム』に乗られている既納客をメインに乗用ミニバンのお客様の使い勝手をかなり調べたところ、多人数乗りでも最大4人が85%だった。たまに実家に帰った時におじいさんを乗せるといった場合でも最大6人という結果が9割を占めた」からだ。

しかも「『ステップワゴン』になると通常でも5人乗るという方が結構いらっしゃるが、オデッセイ、ストリームを選択されたお客様に関しては普段使いの平均値は多人数乗りでも2人」という。このため「普段の使い勝手をベースに2列目をゆったり座ってもらおうと考えた」というわけだ。

ちなみに日本に先行してジェイドの販売を開始している中国市場向けには日本と同じ3列シート仕様に加えて、2列シート仕様車も設定されている。印南氏によると「基本は2列シートのマーケット。ステーションワゴン的な使われ方をされる方が圧倒的で2列仕様が販売の7割を占めている」という。

  • 小松哲也
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • 本田技術研究所 印南泰孝 主任研究員《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ