ヤマハ発動機、今12月期の営業利益は38%増の1200億円を予想

新車 レスポンス

ヤマハ発動機は2月12日、2014年12月期の連結決算を発表するとともに、今期(15年12月期)の予想を公表した。今期営業利益は38%の増益となる1200億円を見込んだ。

今期の二輪車出荷は前期比8%増の628万台を計画している。近年では過去最多だった11年の690万台に次ぐ水準となる。主力のアジアでは、市場の低迷などで5%減となった前期実積から9%多い526万台を目指す。

販売増の効果や二輪車へのプラットフォーム導入などがもたらすコスト低減で大幅増益を図る。今期の純利益は11%増の760億円を予想した。14年12月期の営業利益は全事業領域での増収を受け、872億円(58%増)となり、15年12月期を最終とする中期計画の目標値800億円を1年前倒しで達成した。

都内で記者会見した柳弘之社長は今期について「今期末までの現行中期計画の成果獲得を最大化し、次期中計へのステップアップを図る年にしたい」と話した。好業績により、14年12月期の年配当は前期から14円増配の40円とする。

  • 池原照雄
  • ヤマハ発動機 柳 弘之 社長《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ