ホンダ CRF250L と CRF250M のカラーリングを変更

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、水冷4ストローク単気筒250ccエンジンを搭載したオン・オフロードモデル『CRF250L』と、スーパーモタードスタイルの』『CRF250M』のカラーリングを変更し、それぞれ2月13日に発売する。

CRF250Lの車体色は、オフロードイメージをさらに高めたエクストリームレッドと、ストリートで映えるブラックの2種類を設定した。エクストリームレッドは、2015年型モデルのモトクロスマシン『CRF450R』『CRF250R』を彷彿とさせるストライプをシュラウドに採用。ブラックは、フロントフォークのアウターチューブと前後ホイールリムにもブラックを施している。

CRF250Mの車体色は、エクストリームレッドとブラックの2種類を設定。ともに、シュラウドとサイドカバーにスピード感あふれるストライプを採用している。それぞれに、フレームとフロントフォークのアウターチューブ、そして前後ホイールリムをブラックとすることで、躍動感にあふれ、ストリートで一段と映える外観としている。

価格はCRF250Lのエクストリームレッドが46万2240円、同ブラックが47万3040円、CRF250Mが50万3280円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ・CRF250M
  • ホンダ・CRF250L
  • ホンダ・CRF250L
  • ホンダ・CRF250M
  • ホンダ・CRF250M
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ