ヤマハ柳社長、先進国二輪車事業の黒字化にメド

業界 レスポンス

ヤマハ発動機の柳弘之社長は2月12日の決算発表会見で、リーマン・ショック時から赤字が続いている先進国向け二輪車事業が、今期(2015年12月期)に「黒字化のメドがつく」との見通しを示した。

日米欧を中心とする先進諸国での二輪車事業は、需要の成熟化もあって2008年のリーマン・ショック当時から、メーカー各社が苦戦に直面してきた。ヤマハも同年12月期から赤字に転落、需要が回復してきた前期の14年12月期も132億円の営業損失が残っている。

同社は今期、新モデル効果などにより先進国市場で前期より8%多い44万5000台の販売を計画している。この増収効果や開発段階からのコスト低減活動、円安効果などにより、「経営の大きな課題だった先進国の黒字化」(柳社長)が見えてきた。今期では、まず損益トントンの赤字解消にもっていきたいという。

  • 池原照雄
  • ヤマハ発動機 柳 弘之 社長《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ