【リコール】日産 キャラバン など3万5000台、燃料噴射ポンプなどに不具合

業界 レスポンス

日産自動車は2月12日、『キャラバン』などの燃料噴射ポンプおよび、後輪アクスルシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは日産『キャラバン』と、同車のOEM車両であるいすゞ『コモ』の2車種で、2007年8月7日から2012年6月5日に製造された3万5334台。内訳は燃料噴射ポンプの不具合が2万2307台、後輪アクスルシャフトが1万8998台。

燃料噴射ポンプの不具合は、直噴ターボディーゼルエンジンにおいて、同射ポンプのシールの製造および形状が不適切なため、シールに亀裂が入ることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行して貫通し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、当該燃料噴射ポンプを対策品と交換する。

不具合は305件発生しているが、事故は起きていない。市場からの情報および国土交通省からの指摘により発見した。

後輪アクスルシャフトについては、後輪のABSセンサ取付け部の構造が不適切なため、取付け面のシール性が低いものがある。そのため、シール部から浸入した泥水等がベアリング内に到達し、そのままの状態で使用を続けると、ベアリングが潤滑不良となり、最悪の場合、ベアリングが破損し、後輪アクスルシャフトが抜けて走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、ABSセンサ取付け部にシール剤を塗布するとともに、シール部の錆の状況を確認する。その結果、ベアリング内に水が到達した形跡が確認された場合は、当該後輪アクスル一式を新品と交換する。

不具合は2件発生しているが、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所(燃料噴射ポンプ)
  • 改善箇所(後輪アクスルシャフト)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ