西川ゴム第3四半期決算…海外での量産対応費用増加などで営業益5割減

業界 レスポンス

西川ゴムは2月10日、2014年4-12月期(第3四半期・累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は620億7800万円(前年同期比+4.8%)、営業利益は28億1600万円(−55.4%)、経常利益は30億6300万円(−56.7%)、四半期純利益は13億1300万円(−70.3%)だった。

主力の自動車用部品では、米国の堅調な売上に支えられ増収となった。しかし、米国における高操業に対応するための費用増加、メキシコ、インドネシアにおける量産対応費用の増加などが収益を圧迫。営業利益は5割を超える減益となった。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ