【ホンダ ジェイド 発表】開発責任者「車好きのお客様に、この車の性能が響くと思う」

新車 レスポンス

ホンダが2月13日に発売する乗用ミニバンタイプの新型ハイブリッド『ジェイド』の開発責任者を務める本田技術研究所の印南泰孝主任研究員は「必ずや車好きのお客様に対しては、この車の性能が響くと思っている」と胸をはる。

印南氏は「3代目、4代目『オデッセイ』、それに『ストリーム』の2世代。実はこの4車種が一番、ホンダファンが多くて、走りにこだわるお客様が多いという調査結果がでている。ジェイドは、1番にはスタイリングと室内の空間の融合がテーマだったが、それ以上に走り、車としての本来の性能を追求している」と明かす。

その上で「軽自動車やコンパクトが圧倒的に市場では売れているが、必ずや車好きのお客様に対しては、この車の性能が響くと思っている。その位の強い気持ちで開発している」と語った。

具体的には「乗り心地に関してはリアにダブルウィッシュボーンサスペンションを採用することに始まり、シャーシの基本性能を磨き上げることでシルキーな乗り味に仕上げた。一方で爽快さを演出するためにセダン同等以上の操舵フィールと、一体感のある車を目指して開発した」と解説。

さらに「ロングドライブでもストレスなく、どこまでも運転したくなるような車を目指している。上質さと爽快さを高次元でバランスさせることにより、トータルで質感が高く、スムースな走りを実現した」とも話していた。

  • 小松哲也
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • 本田技術研究所 印南泰孝 主任研究員《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド 発表会《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド 発表会《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ジェイド《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ