元F1ドライバーのデイモン・ヒル氏、ジャン・アレジ氏来場…鈴鹿ファン感謝デー、3月7・8日

モータースポーツ レスポンス

3月7・8日に鈴鹿サーキットで開催される「モータースポーツ ファン感謝デー2015“HondaF1復活祭”」に、元F1ドライバーのデイモン・ヒル氏とジャン・アレジ氏が来場する。

デイモン・ヒル氏は1992年から1999年までF1に参戦。96年の最終戦日本GPでは優勝を飾り、史上初となる親子2代でのワールドチャンピオン獲得という偉業を成し遂げた。その思い出の地となる鈴鹿に、今回久しぶりに帰ってくることとなる。

ジャン・アレジ氏は1989年〜2001年までF1で活躍。全盛期にはフェラーリのエースドライバーを務め、伝統のカーナンバー27をつけてファンを魅了する熱い走りを見せてくれた。2012年にのF1日本GPでもゲストとして来場。表彰式後に行なわれる「ポディウムインタビュー」でインタビュアーを務めた。アレジ氏もF1キャリアの終盤はホンダエンジンを搭載したジョーダン・グランプリで参戦。最終戦日本GPの直前に引退を表明し、同レースの金曜フリー走行ではトップタイムを記録して来場したファンを沸かせた。

今回は“HondaF1復活祭”として、2015年から始まるホンダの第4期F1挑戦をメインに取り上げるイベントが数多く用意されているが、両氏とも現役時代はホンダエンジンと縁がある。

ヒル氏は98・99年にホンダ準ワークスの無限ホンダエンジンを積むジョーダン・グランプリで活躍。雨で大荒れとなった98年ベルギーGPを制した。アレジ氏は2001年途中からホンダエンジンを積むジョーダンに加入。その年で引退することになったがラストランとなった鈴鹿では金曜フリー走行でトップタイムをマーク。決勝は残念ながらリタイアしたが、最後はホンダエンジンとともにファンを魅了する走りを披露してくれた。

鈴鹿ファン感デーでは、7日に行なわれるキックオフパーティ(要事前申込)に参加する他、グランドスタンドで行われるトークショーなど各イベントにも出席予定。かつてF1で活躍した2人を間近で観られる滅多にないチャンスとなりそうだ。

  • 吉田 知弘
  • ジャン・アレジ《画像 Getty Images》
  • デイモン・ヒル《画像 Getty Images》
  • 1996年、現役時代のデイモン・ヒル(左)《画像 Getty Images》
  • ジャン・アレジのF1ラストランとなった2001日本GP《画像 Getty Images》
  • 2012年F1日本GPではゲストとして来場、ポディウムインタビューなどを務めたアレジ《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ