ライダーに“ちょっと甘い”注意...警視庁のストップ作戦

社会 レスポンス

東京都内の今年の二輪車乗車中の死者数が、昨年を上回るペースで増えている。警視庁は死亡事故に歯止めをかけるため13日、ライダーに“ちょっと甘い”注意キャンペーンを、都内各所で展開した。その名も「バレンタイン・イブ二輪車ストップ作戦」だ。

その1つ、国道14号線、小松川橋西(京葉道路/江戸川区小松川4-57)の路上で行われたキャンペーンでは、女性白バイ隊員(クイーン・スターズ)と六本木発、アイドルユニットAnge(アンジュ)の10人が中心となり、走行中の二輪車に安全運転を呼びかけた。

女性白バイ隊員がライダーに、ヘルメットの正しい装着やプロテクターの着用で事故の軽減を呼びかけると、アンジュのメンバーが「好きです 愛情運転」と書かれたハート型のチョコレートや安全啓発のグッズを手渡した。

昨年の東京都内の死者数は45人。二輪車事故に限ると前年より10人も死者数が増えている。さらに今年に入った二輪車乗車中の死者は5人と、前年同月日比で1人増加している。交通事故死者が増加した昨年を上回るペースに、警視庁では警戒を強めている。

「安全意識の向上は、まず興味を持ってもらうことが大切。厳しい顔で走るライダーも、アイドルグループからチョコレートを手渡され少しでも緊張を解いてもらえれば、それがゆとりのある運転につながると思う。都内の事故死者を年間150人以下に抑えるには、二輪車の事故を、1件でも減らす必要がある」(同庁高齢者二輪車交通安全対策係)

「バレンタイン・イブ二輪車ストップ作戦」は、ほかにも麹町署、赤羽署など都内13署で実施された。

  • 中島みなみ
  • バレンタイン・イブ二輪車ストップ作戦《撮影 中島みなみ》
  • バレンタイン・イブ二輪車ストップ作戦《撮影 中島みなみ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ