ホンダ、2015年 四輪モータースポーツ参戦体制を発表

モータースポーツ レスポンス

ホンダは2月13日、2015年の四輪モータースポーツ参戦体制を発表した。

ホンダは、F1にパワーユニットサプライヤーとして参戦。マクラーレン・ホンダからフェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンの2台体制で、ドライバー、コンストラクターのチャンピオンシップ獲得を目指す。

FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)では、フル参戦3年目も引き続き、ワークスチームであるカストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チームから、ガブリエーレ・タルクィーニとティアゴ・モンテイロが参戦。さらに、プライベートチームについては、参戦3年目になる「ゼングー・モータースポーツ」に加え、新たに「ニカ・レーシング」にもマシンを供給し、ワークスチームとともにドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトル獲得を目指す。

SUPER GTシリーズGT500クラスでは、レース専用2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンとレーシングハイブリッドシステムを搭載した「NSX CONCEPT-GT」にて、5チーム5台体制でドライバーとチームのダブルタイトル奪還に挑む。また、GT300クラスでは、今シーズンも引き続き、レーシングハイブリッドシステムの供給を継続し、「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ」の参戦活動をM-TECとともにサポートする。

全日本選手権スーパーフォーミュラ シリーズでは、戦闘力を高めた2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン「HR-414E」を5チーム9台に供給し、ドライバーとチームのダブルタイトル獲得を目指す。

北米のインディカー・シリーズでは、参戦6年目のシーズンを迎える佐藤琢磨が、今シーズンも引き続き「A.J.フォイト・レーシング」より参戦する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ・シビック WTCC#2014(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダNSXコンセプト-GT。写真:GTA
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ