市光工業の第3四半期決算…営業赤字4億円、円安による輸入部材のコスト増が影響

業界 レスポンス

市光工業は2月12日、2014年4-12月期(第3四半期・累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は666億4400万円(前年同期比+3.8%)、営業損益は4億7100万円の赤字(前年同期は1000万円の赤字)、経常利益は12億4400万円(+223.4%)、四半期純利益は18億5900万円(+707.2%)だった。

自動車部品事業は、主力商品であるミラーやランプの国内受注が順調に推移したことなどから売上高は増加。しかし収益面では、国内は円安による輸入部材コストの増加、タイは需要減少を受けた自動車メーカーによる新製品立上げの延期、インドネシアではルピア安による現地での輸入部材の高騰などから収益性が悪化し、4億7100万円の営業赤字となった。

経常利益は、為替差益8億1100万円や持分法による投資利益6億7600万円等により前年同期比223.4%増。また、中国における持分法適用関連会社の残存持分を追加取得したことに伴い、段階取得に係る差益15億7200万円を特別利益に計上したことなどから、純利益は前年同期比7倍増の18億5900万円となった。

通期業績見通しについては、海外子会社の収益悪化や、特別利益・損失の計上などを織り込み修正。売上高940億円(前回予想比+43億円)、営業利益4億円(同−12億円)、経常利益26億円(同+1億円)、純利益27億円(同+10億円)とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ