F1以外の海外戦線にもホンダ勢は勇躍…琢磨はインディ6年目、若手の松下はGP2へ

モータースポーツ レスポンス

13日のホンダ・モータースポーツ活動発表会では、F1以外の海外4輪カテゴリーの参戦体制も発表された。インディカー、WTCCへの参戦に加え、F1登竜門のGP2に自陣若手選手を送り込む。

エンジン供給する米国の最高峰カテゴリー、インディカー・シリーズに関しては6チーム12台をサポート予定。そのなかには参戦6年目を迎える佐藤琢磨ももちろん含まれる。今季、琢磨の所属するAJフォイト・レーシングはフルシーズン2台体制となることが昨年のうちに発表されており、より充実した体制で通算2勝目、チャンピオン争い本格参入が期待される(琢磨のチームメイトはジャック・ホークスワース)。

WTCC(世界ツーリングカー選手権)は、ワークスとプライベーターの計3チーム4台体制。ガブリエーレ・タルクィーニ、ティアゴ・モンテイロ、ノルベルト・ミケリスらお馴染みの面々に、リカルド・ライデル(日本では長年リデルと表記されてきた選手)が加わって厚みを増した布陣となっている。なおWTCCの日本ラウンドは、今季はツインリンクもてぎでの開催(9月12〜13日、ロードコース)。

また、昨年は伊沢拓也が“ホンダ枠”で参戦していたF1の登竜門カテゴリー「GP2シリーズ」に、今季は昨年の全日本F3チャンピオンである松下信治(のぶはる)を送り込むことも発表された(GP2はワンメイクシリーズであり、ホンダがエンジン等を供給するわけではない)。

昨年、ホンダのワークス格F3チームで全日本チャンピオンとなった松下は21歳の若手有望株。昨季伊沢が所属していたARTグランプリというチームから、F1の欧州ラウンド併催が原則のGP2に挑戦することとなった(松下は昨年11月にGP2テストに参加経験あり)。マクラーレンとの共同育成プロジェクトでもあり、このチャンスを将来に向けての大きなステップボードとする活躍が期待される。

F1、そしてSUPER GTやスーパーフォーミュラといった国内トップカテゴリー同様、世界各戦線でのホンダ勢の躍進には、今季もファンの熱い視線が注がれることだろう(なお、琢磨や松下、タルクィーニらはこの日の会見は欠席)。

  • 遠藤俊幸
  • 2015年、佐藤琢磨はインディカー・シリーズ参戦6年目を迎える。写真:Honda(2014年)
  • インディの伝説的英雄AJ.フォイト(チームオーナー)と佐藤琢磨。写真:Honda(2014年)
  • 昨年の全日本F3チャンピオン、松下信治が今季はGP2へ。写真:MOBILITY LAND(2014年)
  • 松下の今季GP2のカーナンバーは6番。
  • F1だけでなく、ホンダはWTCCでも世界と戦っている(後方はシトロエン)。写真:Honda(2014年)
  • ホンダでWTCCを戦うタルクィーニ(中央)とミケリス(右から2人目)。写真:Honda(2014年)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ