【ホンダ ジェイド 発表】フェンダーのボリューム感、出さずに絞るという発想

新車 レスポンス

「キャラクターラインに頼らず、塊りの強さを表現した」というホンダ『ジェイド』の外観デザインは、目の錯覚をねらったボリューム感をつくり出しているという。本田技術研究所・デザイン室の中山良氏は、同車のリアに立ち「Cピラーのしぼり込みを見てほしい」と話す。

「Bピラーは立っているが、そこからリアにかけてルーフ部分がしぼられ、Cピラーは大きく傾いている。実は、キャビンの断面はほぼ四角で、スクエアな広い空間を保ちながら、Cピラーのしぼり込みなどで、外観のフェンダーまわりのボリュームをつくり出している」(中山氏)

「外観の断面は台形に見えるが、室内空間は四角くて圧迫感がない」と同社。前後のしぼり込みによって、スポーティな低全高ながら、樽型ボディで空間を最大限に活かし、塊りの突進感を強調した、と説明している。

  • 大野雅人
  • エクステリアデザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンター・デザイン室の中山良氏《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ