【GARMIN Vector S J インプレ前編】シンプル化でサイクルパワーメーターをより身近に

テクノロジー レスポンス

一昨年に発売されると、たちまちパワー計測のブームともいえる流れを創りだしたGARMINのパワーメーター『Vector J』。従来の常識を打ち破るパワー計測メカニズムを確立したが、その廉価版ともいえる『Vector S J』が登場した。実売で10万円前後の価格は魅力十分だ。

◆取り付けが面倒、かつ高価だったパワーメーター

自転車でトレーニングをするなら必須のアイテムとなっているサイクルコンピューター。様々なセンサーと組み合わせることで、トレーニングの状況を計測することができる。計測できるデータは速度、ケイデンス、心拍数といったところが基本だが、もうひとつ、「測れるものなら測りたい」と多くのサイクリストが思っているのが「パワー」。つまり、人間が自転車にインプットした力だ。

パワーを測定するセンサーが「パワーメーター」。しかし、これは長いあいだ、プロや一部のハイアマチュアだけが使う特殊な機器だった。というのも、パワーを計測するのは非常に難しく、センサーは超がつくほど高価なのだ。

従来、パワーメーターはホイールのハブやボトムブラケット、あるいはクランクと一体となっているもの。取り付けは面倒で、自転車とのマッチングの問題もあるし、ほかにも何かと制約が多い。だから、多くのサイクリストにとってパワーは「測れるものなら測りたい」けれど「測れない」ものだったのだ。

◆パワー計測の革命児、「Vector J」の登場

「パワーメーターは高価かつ計りづらい」という状況に革命、とまでいっては大げさだが、一石を投じたのがGARMINのVector Jだといえる。

GARMINは、アウトドア向けのGPSデバイスからスタートした企業で、そのノウハウを活かしてサイクルコンピューターの分野に進出すると、たちまちトップブランドとして不動の地位を築いた。そのGARMINが発売したVector Jは、パワーメーターとしては異例なほど大ヒットしたモデルだ。

Vector Jは、ペダルにセンサーを組み込んだパワーメーターだ。ホイールハブやボトムブラケットと違い、ほとんどの自転車のペダルに適合でき、しかも非常に簡単に取り付けることができる。

仕組みとしては、ペダルスピンドルに「たわみ」を検知するセンサーが組み込まれており、ペダルスピンドルの僅かな偏向を測定する。そのため、自転車にインプットされるパワーを、より人間に近い部分でダイレクトに測定することができるのだ。

◆ペダルセンサー統合で低価格化、Vector S Jでパワー計測がより身近に

画期的なパワーメーターであるVector Jだが、多くのサイクリストにパワーメーターを使ってもらうという意味では、課題も残されていた。

それは価格。「18万円前後」という実勢価格はほかのパワーメーターと比較して特に高価なものではないが、しかし、趣味で自転車を楽しむサイクリストが気軽に買える価格ではないことも確かだ。

前置きが長くなったが、今回取り上げるVector S Jは、Vector Jの廉価版だ。低価格化の手法は単純明快。Vector Jでは左右それぞれのペダルに組み込まれていたセンサーを、Vector S Jでは左側だけにした。実勢価格は半額近い10万円前後。こうした方法で低価格化ができるのもペダル組み込みタイプのメリットだろう。

このように、多くのサイクリストが敬遠してしまうだろう「価格」の問題をクリアしたVector S J。10万円前後と聞けば多少の敬遠は残るも、より手を出しやすくなったことに違いはない。

ここまでは、Vectorシリーズの特徴や歴史を主に触れた。次回はVector S Jを実際に使用してみての印象をお届けする。

  • 山田正昭
  • 左からクリート、ペダル(写真はセンサーのない右側のペダル)、ペダルポッド。この3つとクリート固定用のネジ類をすべて合計した重さは左右とも200gを僅かに超える程度となっている《撮影 山田正昭》
  • 全体がアルミ製でステンレスのプレートをネジ止めしたペダルは高級感があり、耐久性も高い《撮影 山田正昭》
  • 付属のクリート。固定用のネジとワッシャも付属している。LOOK KeO互換なのですでにLOOK KeOのシステムを使っている人はそのまま利用できる《撮影 山田正昭》
  • 取り付け完了。クランクを回してペダルポッドのコネクタなどがどこにも干渉しないかよく確認しておく《撮影 山田正昭》
  • 取り付け作業は通常のペダル交換と同じ。ただし、左側ペダルにはこのようにペダルポッドを挟んで取り付ける《撮影 山田正昭》
  • ペダルスピンドルを締めるときに、ペダルポッドの向きに注意する。クランク先端に突き出す角度で固定してしまうとコーナリングで地面にヒットしてしまう《撮影 山田正昭》
  • 取り付け完了時のペダルポッドはこのようになる。これを見ると、分厚いペダル用にわざわざラージモデルを用意している理由がよく分かる《撮影 山田正昭》
  • 一番上がパワーメーター。この画面ではケイデンスセンサーもペアリングされているが、これは外してしまっても構わない。パワーメーターはケイデンスセンサーの役割も果たすからだ《撮影 山田正昭》
  • 走行中に平均パワーとパワー(リアルタイムな瞬間的パワー)を表示したところ《撮影 山田正昭》
  • GARMIN Connectではこのようにグラフ表示される《撮影 山田正昭》
  • パワーのグラフを拡大表示。この時、5秒、1分、5分、20分ごとに平均化させて表示することができる《撮影 山田正昭》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ