【大阪オートメッセ15】スバル、BRZ tS コンセプトを初公開…走りの上質感アップ

新車 レスポンス

スバルは、2月13日から15日までの3日間、インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2015」に、『BRZ tS コンセプト』を出展した。

BRZ tS コンセプトは、スバル・テクニカ・インターナショナルが開発を手がけ、2013年に限定500台で販売されたコンプリートカー「BRZ tS」の、いわば2015年バージョン。先月の東京オートサロンにはなく、今回の大阪オートメッセが初披露となった。

新しいBRZ tS コンセプトには、新たなフレキシブルパーツやビルシュタイン製ダンパーが採用され、より上質感のある走りを実現したという。

今回出展された車両のボディカラーは、隣に並ぶ「XV スポーツ コンセプト」や市販車「XV POP STAR」と同じサンライズイエロー。それとコントラストをなすようにブラックで統一されたts専用外装パーツのフロントアンダースポイラーやリアスポイラーが、外観の印象を引き締めている。アルミホイールは2013年モデルと同じブラック塗装で、ブレーキはブレンボ製になる。

インテリアでは、前作同様にサイドエアバッグを内蔵するtS専用レカロ製バケットシートを採用。アルカンターラをメイン素材に使ったもので、今回はサイドサポート部に赤のレザーをあしらう。メーターもtS専用スポーツメーターで、メーターフードはアルカンターラ仕上げ。インパネやステアリング等には赤のアクセントが入る。

エンジンは基本的にベース車と変わらないが、STIスポーツマフラーやtS専用チューニングのVDCを採用。駆動系には前作同様に径を4mm大きくして剛性を高めた大径ドライブシャフトが採用されている。

足回りには、専用チューンのビルシュタイン製ダンパーを採用したtS専用STIオリジナルサスペンションを採用。さらにSTIオリジナルのフレキシブルパーツ(フレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー)が採用され、「強靭でしなやかな走り」を実現する。

  • 丹羽圭@DAYS
  • スバル BRZ tS コンセプト丹羽圭@DAYS
  • スバル BRZ tS コンセプト丹羽圭@DAYS
  • スバル BRZ tS コンセプト丹羽圭@DAYS
  • スバル BRZ tS コンセプト丹羽圭@DAYS
  • 大阪オートメッセのスバルブース。手前はスバル BRZ GT300 2015丹羽圭@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ