【キャンピングカーショー15】軽トラックはホンダの原点…ホンダ N-TRUCK

新車 レスポンス

ホンダがジャパンキャンピングカーショー15に出品した『N-TRUCK』は、“N”という軽自動車ブランドの世界を広げようと提案したコンセプトカーだ。

ホンダはNというブランド名で軽自動車を展開している。その中で、「新しい生活や、楽しい“ワクワク感”など、新たな価値観を提案できればという想いでスタートした」。それがN-TRUCKだと話すのは、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室室長の木越由和さん。

最初は個人の提案から始まった。「現在軽自動車は色々な装備などが付いて、サイズも大きくなっている。それらをすべて捨てる、“断捨離”というのがテーマだった」(木越さん)。

その提案をしたのは本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室2スタジオの横内教一さんだ。「日本の平均乗車率は1.4人だ。そうすると後ろの席はいらないじゃないか。そんな普段使わないものを積んで走るのだったら、思い切って捨ててしまおうと考えた。ピックアップを作りたくて作ったのではなく、いらないものを削っていった結果、この形になった。因みに当初は『N-BOX+』に対して“N-BOX-(マイナス)”と呼ばれていた」という。

また、「今の時代、クルマはどんどん大きく広くなり、ユーザーも広ければいいと思っているが、実際に使わない人にとっては無駄なスペースで空気を運んでいるだけだ。そこで断捨離したのだ」(横内さん)と説明する。

もうひとつ、軽トラックにしたのにはわけがあった。ホンダが1963年に初めて四輪市場に参入した時のクルマが『T360』という軽トラックだったのだ。そのカラーはライトブルーがメインで、フロントには白抜きの大きな“H”マークがあった。横内さんは、「そのブルーのイメージを残しながらも古さを感じさせない色を作った。ルーフのホワイトは、T360のフロントのHマークの白をイメージに仕上げている」と語った。

  • 内田俊一
  • ホンダ N-TRUCK《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK《撮影 内田俊一》
  • ホンダ T360《ホンダ提供》
  • ホンダ N-TRUCK《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ