【ホンダ ジェイド 発表】新ポジション創出で、オデッセイ からの乗り換え期待

新車 レスポンス

ホンダ『ジェイド』の開発陣は、『エリシオン』よりもデザイン・質感を高め、『オデッセイ』よりも使い勝手・走りを極めた新価値商品という新たなポジションを担うクルマと位置づけ、「既存車種の後継というイメージはあまり持っていない」という。

ユーティリティ・ミニバンのエリシオン、乗用ミニバンのオデッセイ、乗用ハッチ・セダンの『アコード』という各ポジションから、「使い勝手・スペースといったユーザビリティ領域と、デザイン・走り・質感といったエモーショナル領域を高めた新たなポジションを担うクルマがこのジェイドだ」と同社は話す。

同社営業担当は、「もちろん、ホンダの既存車種からの乗り換えも想定しているが、オデッセイのユーザーがトヨタ『アクア』や『プリウスα』に流れてしまったという現状も否めない。オデッセイからの乗り換え組をこのジェイドに導くというねらいもある」とも話していた。

  • 大野雅人
  • ホンダ ジェイド ハイブリッド X《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ ジェイド《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ