デイトナ通期決算…営業益4.5%減、円安による仕入れコスト増加が影響

モーターサイクル レスポンス

デイトナは2月13日、2014年12月期の連結決算を発表した。

それによると、売上高56億5600万円(前年同期比−2.3%)、営業利益は3億4800万円(−4.5%)、経常利益は3億5900万円(−2.7%)、純損益は2億1300万円(+19.5%)だった。

国内拠点卸売事業では、消費税増税後の主要取引先への出荷減少など、厳しい状況が続いたが、9月以降は市場の回復感もみられ、最終的には増収となった。しかし、販管費や、円安による仕入コストの増加で、減益となった。

小売事業は、天候不順や店舗改装休業、また消費税増税後の販売減少により、売上高は前年を大きく下回った。一方、利益面では各種経費の削減、特価販売の縮小による利益率改善を推進したことで、前期から大きく改善した。

2015年12月期の業績見通しは、売上高60億9000万円(今期比+5.1%)、営業利益3億1700万円(−9.0%)、経常利益3億0100万円(−16.2%)、純損益1億9900万円(−6.6%)とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ