MINI クーペ と ロードスター、生産終了へ…4年の歴史に幕

業界 レスポンス

BMWグループのMINIの『クーペ』と『ロードスター』。両車が、生産を終了することが分かった。

これは2月12日、MINIが明らかにしたもの。同ブランドは、「MINIのクーペとロードスターの生産を、終了することを決定した」と公表している。

MINIのクーペとロードスターは、拡大戦略を続けるMINIブランドが、相次いで発売した新型車。MINIクーペは2011年6月、そのオープン版のMINIロードスターは2011年10月、それぞれ欧州で発表された。

欧州での発表から、4年足らずで生産終了が決まった両車。その理由について、MINIは、「英国オックスフォード工場の生産能力を、人気の高い3ドアハッチバックと5ドアハッチバックに振り向けるため」と説明する。

今後、MINIは、オープンモデルに関しては、ハッチバックベースのMINI『コンバーチブル』に注力。SUVのMINI『クロスオーバー』と、その2ドア版の『ペースマン』については、引き続きラインナップしていく。

  • 森脇稔
  • MINI ロードスター
  • MINI クーパー S クーペ《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ