【キャンピングカーショー15】「必要なときに必要なものだけを乗せる」断捨離プラスαのホンダ N-TRUCK

新車 レスポンス

ホンダがジャパンキャンピングカーショー15に出品したコンセプトカー、『N-TRUCK』は、断捨離をテーマに不必要なものをカットしながらも、キャンピングトレーラーをけん引することで、新たな軽の提案を考えたという。

デザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室2スタジオの横内教一さんによると、「コンセプトは断捨離で、必要最低限を残したN-TRUCKが完成した。この出来が非常に良かったので、更にこれにプラスをすればより世界が広がると考えた」とキャンピングトレーラーを合わせて提案したことを語る。

通常の駐車場は全長5mほどで、N-TRUCKは3m、残りは2mほどある。「2mあれば人が寝られるので、2台合わせても5mくらいに収まるキャンピングトレーラーを考えた」と横内さん。モデルを作った結果、広さを考え最終的に全長は5.5mになった。

T-TRUCKはピックアップの形状なので、「リアのオーバーハングの空いた部分をうまく利用すればトレーラーも広く使えるのではないかとヒンジ部分を畳めるようにデザインした」。駐車するときにはトレーラーのヒンジ部分を畳み、そこに荷台を入れることでスペースを有効利用する。

横内さんは、「大型のミニバンが入る駐車場であれば、N-TRUCKとトレーラーの両方が入る。日頃の通勤などはN-TRUCKだけで使い、お休みのときなどはトレーラーを引っ張って出かけるという使い方が可能だ」と述べ、「必要なものは必要なときに積んで引いて走ればいいのだ。普段は最小限の姿で走るのが理想だ」という。

このトレーラーのコンセプトは“秘密基地”だ。「あえて作り込まないでユーザーが自分のイメージで好きなように使ってもらう」と横内さん。それはバイクのガレージにもなるし、トランスポーターにもなる。また、移動事務所や移動店舗など。更には、「引かなくても庭に置いておけば、子供部屋にも書斎にもなるだろう。自由な発想で使えるものだ」と話す。

現実に即して作られたこのコンセプトカー。市販化について本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室室長の木越由和さんは、「あくまでもコンセプトカーなので、量産などは考えていない。しかし、嘘にはならないような見え方にはしている」と完成度の高さを語った。

  • 内田俊一
  • ホンダ N-TRUCK(キャンピングカーショー15)《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK(キャンピングカーショー15)《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK(キャンピングカーショー15)《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK(キャンピングカーショー15)《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK(キャンピングカーショー15)《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK(キャンピングカーショー15)《撮影 内田俊一》
  • ホンダ N-TRUCK(キャンピングカーショー15)《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ