JAF、ながらスマホの危険性を検証…実験動画をウェブで公開

社会 レスポンス

JAF(日本自動車連盟)は、歩行中や自転車乗車中のスマホ操作「ながらスマホ」の危険性を検証した動画「ながらスマホの危険(歩行者編及び自転車編)」をホームページに公開した。

実験は、愛知工科大学工学部の小塚一宏教授監修のもと、モニター(20代〜30代の男女4名)にアイマークレコーダー(視線計測装置)を装着し、スマホの「あり」と「なし」で視線の違いや特徴を比較した。

歩行者編では、対向してくる歩行者と衝突したケース(1人)や前を横切った親子に衝突しそうになったケース(4人)が発生。モニター全員が接触しそうになった相手に回避行動を取らせた。また、自転車編では、子どもマネキンに衝突したケース(4人)や赤信号を見落とし通過したケース(2人)があった。

検証の結果から、小塚教授は「ながらスマホは、視線が画面の文字や動画に集中して釘付けになることで、前方や左右に視線が配られないため周辺の認識が困難となる。歩行者などに衝突する危険性があり、なおかつ自転車乗車時では体勢が不安定となるうえ、相手への衝突の危険性や加害度合が高くなる」と指摘。JAFでは、「ながらスマホ」を事故につながる大変危険な行為だとし、注意を呼びかけている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 自転車編の「ながらスマホ」検証
  • 自転車編の「ながらスマホ」検証
  • ながらスマホの危険(歩行者編及び自転車編)
  • 合いマークレコーダーによる分析
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ