【シカゴモーターショー15】シボレー シルバラード に「カスタム」…クローム仕上げを強調

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは2月12日、米国で開幕したシカゴモーターショー15において、『シルバラード』の「カスタム」を初公開した。

シルバラードは、シボレーのフルサイズピックアップトラック。フォードモーターのフォード『Fシリーズ』やクライスラーグループの『ラム』、トヨタ『タンドラ』、日産『タイタン』と競合する。

現行シルバラードは2013年1月、デトロイトモーターショー13で発表。4.3リットルV型6気筒ガソリン、5.3リットルおよび6.2リットルV型8気筒ガソリンの全3エンジンに、気筒休止システムと直噴システムを採用。「エコテック3」と命名された新エンジンは、先代よりもパワーを引き上げながら、燃費性能を引き上げた。

シカゴモーターショー15で初公開されたシルバラードのカスタムは、デトロイトモーターショー15で発表された「カスタムスポーツ」に続く特別モデル。外観は、20インチのアルミホイールを装備。バンパーやドアミラー、ドアハンドルは、クロームで仕上げる。

室内は、前席のベンチシートに、40対20対40の3分割シートを用意。4G LTEでのWiFi接続が可能な「シェビー・マイリンク」も設定されている。

  • 森脇稔
  • シボレー シルバラード カスタム
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ