【ジュネーブモーターショー15】三菱 L200 新型、初公開…トライトン 新型の欧州版

新車 レスポンス

三菱自動車は2月17日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー15において、新型『L200』を初公開すると発表した。

L200は、三菱自動車の欧州市場における1トンクラスの主力ピックアップトラック。新型は5世代目となる。同社は2014年秋、タイにおいて、9年ぶりにモデルチェンジした新型『トライトン』を発表。新型L200は、この新型トライトンと基本的に共通。

欧州向けの新型L200では、4N15型と呼ばれる新開発の2.4リットル直列4気筒「MIVEC」ターボディーゼルエンジンを搭載。最大出力154ps、最大トルク38.7kgmを発生する。

このエンジンには、2種類のチューニングを用意。高出力版では、最大出力が181ps、最大トルクが43.8kgmに引き上げられる。トランスミッションは、どちらも6速MTを組み合わせた。

欧州市場で重視される環境性能は良好。新型L200のCO2排出量は、169g/km。同社は、「従来比で、17%改善させた」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ