徳大寺氏の人生とともに振り返るクルマたち…ぼくの日本自動車史 1945〜1976

モータースポーツ レスポンス

「ぼくの日本自動車史 1945〜1976」著:徳大寺有恒

発行:草思社文庫

価格:定価900円+税

本誌は、自動車評論家、徳大寺有恒氏が自信の人生と共に自動車を振り返る。第1章は「すべてはクラウンから始まる」と見出しを打ち、1955年の第二回 全日本自動車ショウ(後の東京モーターショー)で見た『トヨペット クラウン』『トヨペット マスター』についての印象を述べている。クラウンのコラムシフトに感動したことや、当時、そのクラウンや『マスター』がなぜ画期的な自動車だったのかを振り返り、解説している。

見出しより…第1章 すべてはクラウンから始まる「1955年 クラウンは華々しく登場した」●第2章 国産車の方向は決定された「プリンスは戦前の航空機産業から生まれたエリート会社だ」●第3章 BC戦争の始まり「コロナ、ついにブルーバードの牙城を奪う」●第4章 僕の乗った軽自動車達「バイトでオート三輪 K360をぶっ飛ばす」●第5章 消えてしまったクルマたち「三菱で記憶に残るのは コルト・ギャランだ」●第6章 サニーはなぜカローラに負けてしまったのか●第7章 スポーツカーこそわが命●第8章 “間違いだらけ”を出してから

  • 編集部
  • 著者 徳大寺有恒氏
  • 著者 徳大寺有恒氏
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ