男3人が交通トラブルの相手を監禁、現金とクルマ奪う

社会 レスポンス

交通トラブルの相手となった男性を脅迫し、現金やクルマを奪ったとして、警視庁は15日、24歳の男2人と、30歳の男1人強盗や監禁の容疑で逮捕した。男性に教えた携帯電話の番号から関与が発覚したという。

警視庁・青梅署によると、逮捕された3人は14日の午前0時30分ごろ、あきる野市三内付近の都道でクルマを低速走行させ、これを追い抜いた22歳男性の軽乗用車を抑止し、因縁をつけて現金やクルマを強奪した疑いがもたれている。

3人は男性に対し、金属バットや日本刀のような凶器を示して「危害を加える」といった内容で脅迫するとともに、約5時間に渡って監禁。この間にコンビニエンスストアに設置されたATMで現金約7万円を引き出させ、それを奪ったが、3人はそれだけでは満足せず、うち1人の自宅へ連れて行き、150万円を払うという念書をパソコンで作成させた。

後に男性を自宅近くまで送り届けたが、クルマは奪って逃走。男性は同日午後に青梅署に被害を届け出たが、3人は「カネが出来たら連絡してこい」と携帯電話の番号を教えていたことから関与が発覚。同署員が「任意で事情を聞きたい」として連絡を取ったが、3人は奪ったクルマで同署に現れたため、その場で逮捕した。

聴取に対して2人は関与を認めたが、うち1人は「警察が民事に介入してくるのはおかしい」などと供述し、容疑を否認しているという。警察は3人に余罪があるものとみて、事件発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ