【マツダ ロードスター プロトタイプ 公開】人が馬に跨がっているように見せる

新車 レスポンス

プロトタイプ等が公開されているマツダの新型『ロードスター』は、ドライバーが乗った時に最も格好良く見えるようにデザインされている。

ロードスターのデザインの見どころについて、デザイン本部プロダクションデザインスタジオエクステリアデザイングループの南澤正典さんは、「フロントのフェンダーの盛り上がりや、リアのホイールアーチの前のデザインなどだ」と話す。これにより、タイヤがしっかりと地面を踏ん張っているように見せているのだ。

更に「(走っている姿は)フロントフェンダーからリアに向かって光が落ちてきて、リアにちゃんと荷重がかかったように見えるだろう。その時には当然ドライバーが座っており、まるで馬に乗って鞍にまたがっているように見えるはずだ。そこから力強さを感じてもらえるだろう」と述べ、これこそが新型の造形の一番大きいポイントだと強調する。

「この造形は破綻するかしないかギリギリのところで、動きが大きく見えるようにしている。そのうえで、色っぽい、艶やかさ感じさせるようにまとめた」と語った。

  • 内田俊一
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《撮影 内田俊一》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《撮影 内田俊一》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《写真提供 マツダ》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《写真提供 マツダ》
  • マツダ ロードスター プロトタイプ《写真提供 マツダ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ